【レインボーシックス シージ 】オペレーター(イギリス編)

ども!トムズワーカーズ ぱいせんです☆

いまさらながらレインボーシックスシージに手を出してみました♪

 

最近大型のアップデートがあったということで、新しいステージ、新しいオペレーターが登場したということで、いまさらではありますが、ちょっとさわりで遊んでみました♪♪

様々なオペレーターが存在していて、ゲーム性の奥深さに今更ながらハマってしまいました^^

 

そんなレインボーシックスシージの魅力をご紹介します♪

 

目次

1. レインボーシックス シージとは??

ユービーアイソフトより2015年12月10日に発売された、トム・クランシー原作の『レインボーシックス』を題材としたゲームソフトです。

『レインボーシックス』 (Rainbow Six) は、トム・クランシー原作の小説なんだそうです。

 

本作のゲームは、各国の特殊部隊を操作してミッションをこなすFPSゲームとなっています。

 

「シージ」は「包囲作戦」という意味があるらしく、その名の通り、様々な建物の地形やドローンを駆使してテロリストを排除していくゲームとなっています。

 

主な遊びとしてマルチプレイがあり、こちらは5対5で攻撃側・防衛側に分かれて、各勝利条件を満たすか、相手を殲滅するかで勝敗を決めていきます。

チームで攻撃側・防衛側を交互に繰り返し、先に3勝したチームが勝利となります。

 

1人プレイ用のシチュエーションモードもあますが、こちらではどちらかというと操作方法を確認するチュートリアル要素が強いです。

 

またこのゲームでは攻撃側・防衛側で扱えるオペレーターは違います。

 

オペレーターごとで様々なアビリティが存在します。

自分が使ってみてのイメージも交えながら、各オペレーターについて整理していこうと思います♪

 

今回はイギリス(SAS)のオペレーターをご紹介します♪

 

 

2. スレッジ・攻撃側

壁・障害物破壊が出来るオペレーターです。
ショットガンとアサルトライフル、サブウェポンにはマシンピストルさらには、フラググレネードも選択できるため、接近戦から中~長距離でも活躍できます。

 

味方と共に侵入経路を作っていくことも出来ますし、単独で裏から突撃する事も出来ます。
 

どの壁が壊せるのか、どこを壊すと味方にとって有利になるのか、不利になってしまうのか、上手い人のプレイを見たり、実際に使ってみながら感覚を掴んでいいましょう。

 

 

アビリティ

ブリーチングハンマー

 

破壊可能な壁や有刺鉄線を壊して侵入可能なです。

ブリーチングチャージのような爆発音がしないため、小さな音で壁を破壊することが出来ます。

その反面、壁を破壊している最中は無防備になるため、味方との連携、隠れる場所の確保が大事になります。

一応、使用回数に制限がありますが、通常プレイであれば1試合しっかり持ちます。

やたらと壁破壊をしていると、使用回数により使用できなくなるようです。

 

3. ミュート・防衛側

ドローンや遠隔操作ガジェットを無効化するシグナルディスラプター(通称ジャマー)を使用することが出来ます。


武器の火力に乏しさを感じることもあるかもしれませんが、それ以上にジャマーの効果は絶大です。
準備フェーズではドローンの侵入を阻止、アクションフェーズではブリーチングや一部の相手のアビリティを無効化するなど、防衛として大きな役割を果たすことが出来ます。

 

 

アビリティ
シグナルディスラプター

ある一定範囲内にあるドローン、ブリーチングチャージ、ヒートチャージ、クラスターチャージを無効化することが出来ます。


トッケビの電話,ライオンのEE-ONE-Dも、ジャマーの効果範囲内にいると無効化することができます。


ただし、トゥイッチのショックドローンやサッチャーのEMPグレネードなどで破壊されてしまうことがあります
 

4. サッチャー・攻撃側

EMPグレネードを使って、ジャマー、ショックワイヤーなど相手側の電子デバイスを無力化することができます。
これによってテルミットのヒートチャージだけでなく、トッケビやライオンのアビリティを活かすことが可能となり、より重要なオペレーターとなりました。

メインウェポンも充実しているので、EMPグレネードで味方のサポートが完了したら、遊撃として活躍も出来ますし、クレイモアを使って裏取りを牽制もできる、幅広く活躍できるオペレーターです。

 

 

アビリティ
EMPグレネード

敵の電子デバイスを壁腰で破壊
することができます。
ある程度狙いがずれても、一定範囲内で壁越しにも効果があることから、初心者にも扱いやすいです。

ただし、イェーガーのアクティブディフェンスシステムに無力化されてしまうので、出来るだけ部屋内に投げ込まずに壁越しで破壊する事を意識すると良いです。

味方のサポートが肝になるので、最初は味方と行動しEMPグレネードを活かす事に集中しましょう。

 

5. スモーク・防衛側

遠隔操作可能なガスグレネードを使用できます。
サブマシンガン、ショットガン、サブにもマシンピストルが選択でき、ガジェットにはインパクトグレネード、有刺鉄線と、攻めてもよし守ってもよしの、選択肢が広がるオペレーターです。

防衛側として、遊撃・守備と色んな立ち回りを練習しても良いかと思います。

 

 

アビリティ
遠隔ガスグレネード

ニトロセルのような壁や天井に貼り付けることが出来ます。
起爆後は範囲内に居る敵に対して徐々にダメージを与えることが出来ます。
めくらまし効果もあるので、防衛側としては攻撃側の侵入を足止めすることが出来る有用なアビリティです。
盾持ちのオペレーターに対しても動きが遅い分、ダメージも多めに与えていくことも可能です。

遠隔操作が可能ですので、有刺鉄線と合わせて音で敵の侵入を判断し、攻撃と時間稼ぎが可能になります。

 

 

 

6. まとめ

いかがでしたか?

今回はSASと呼ばれるイギリスのオペレーターについてまとめてみました♪

また次回も別のオペレーターについてまとめながら自分自身も練習していきます♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

スポンサードリンク

特集記事

【ポケモンGO】伝説のポケモン、ミュウ現る!

March 27, 2018

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

応援クリックよろしくね♪

※ランキングサイト開きます

ランキングサイト登録中です!

​尊敬する仲間&ライバルたち☆

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017-2018 Powered by Tom's Workers.

  • Twitter
  • YouTube

お問合せ先:

toms.workers10@gmail.com

RSS Feed