【レインボーシックス シージ】Aribi(アリバイ)解説

今回はYear 3 Season 2で登場した新オペレーターの一人アリバイの紹介です。

ついに公式にリリースされましたね。

 

ぜひ使い込んで戦略の幅を広げていってください。

 

 

 

Aribi(アリバイ)

 

 

 

防衛側オペレーター
スピード:★★★
アーマー:★☆☆

アビリティ:PRISMA(プリズマ)
性能:

アリバイと全く同じ姿かたちをしたホログラムを表示します。

マーキングもされるし、屋外で展開すれば警告メッセージとして攻撃側から位置が特定されるなど、実体と同じような表示がされます。

ホログラム自体は銃弾を受けても通り抜けてしまいます。

オペレーターの使い方
アビリティは相手の誤射を上手く誘えるとベストです。
曲がり角の影、壁際、バリケードの穴など、攻撃オペレーターを迎え撃つような形で配置し、相手の注意を引き付けます。
その相手の裏をかくような形で、別の位置から攻撃できると理想です。

また複数のホログラフィを展開し、その中に紛れ込んで相手の虚をついて攻撃するという使い方も出来ます。

相手を認識してから、正確に素早く打ち抜く必要があるレインボーシックス シージでは一瞬のためらい、誤射は命取りになります。

例えば2対1の場面になった時に、同じ射線上や距離がそこまで近く無ければ同時に撃ち抜かれる心配はありません。

相手にとって選択肢が増えるということは、「誰に攻撃を合わせたらよいか」の判断を迫ることになります。

味方で同時に攻め込めば、もちろん自分がやられる恐れもありますが、他の味方が確実に相手を仕留めてくれる可能性も高まります。
上手いプレイヤー相手であればあるほど1対1でやるよりも、複数人で戦略的に攻めた方がまだ勝率も高くなります。

そういう選択肢を増やすという意味でも、複数のアリバイというのは明らかに偽物だとわかっていても、標的を絞り込ませないという点では効果的な戦略の一つになります。

対策
アビリティは足元の端末を破壊することで無効化することが出来ます。
銃撃やグレネードによる爆発で破壊することも効果的ですが、サッチャーのEMPグレネードも有効です。

トゥイッチのショックドローンによる破壊も可能ですが、弾数の関係から破壊できる数に限りがあります。
ミラのブラックミラーを破壊するなど他に優先的に破壊すべきものもありますし、ドローン自体を破壊される恐れがあります。

範囲効果があるEMPグレネードを上手く活用していきたいところです。

さらに足元の端末が陰になっていると破壊が出来ないため、実体との判別が出来なくなります。
アイキューを使う事で、端末の有無を調べる事も出来ますし、実体が無いとカプカンのホロサイトに黄色く表示されないので一発で見抜くことが出来ます。

・サッチャー
・アイキュー
・カプカン


のいずれかをピックして、アリバイ対策としても活用していきましょう。

この記事はあくまで一例です♪みなさんで使いながら新しい戦略を見つけていきましょう♪
今回は先に記事を投稿していますが、動画でも各オペレーターの紹介もしていきます☆

みんなで楽しくプレイしていきましょう^^


本日はこのへんで♪








 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

スポンサードリンク

特集記事

【ポケモンGO】伝説のポケモン、ミュウ現る!

March 27, 2018

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

応援クリックよろしくね♪

※ランキングサイト開きます

ランキングサイト登録中です!

​尊敬する仲間&ライバルたち☆

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017-2018 Powered by Tom's Workers.

  • Twitter
  • YouTube

お問合せ先:

toms.workers10@gmail.com

RSS Feed